平成の短歌バトル

第218回 平成の短歌バトル

手なづけた手下に手のひら返されて手羽先の先に未来はあるのか

靴下を使い始める頃となり家での仕事これで1年

三匹で三百円の秋刀魚買う三十センチ誇らしきかな

庭木よりむ夕の薄闇を見据えて座する茶白猫なり

紅葉にそぞろの神が騒ぎ出す行きの車中で収まるけれども

吾輩は灰である位牌もある名前は真田まだない享年103

来年になったらコート買い換える言い始めてから今年で何年

屍を越えて行くなら背の筋を踏まねば沈むと教わった本

「ドンキホーテ」を逆から読むと「テーホキンド」になるんだって おやすみ


投票受付は終了しました。

ご参加ありがとうございました。