平成の短歌バトル

第204回 平成の短歌バトル

気が付けば布団を敷いて倒れ居る午前三時の眩い部屋に

雨降ってようやく作るおみおつけ暑さいつまで続くものやら

たてよこの糸にからだを縛りつけ三半規管の増設を待つ

ごつごつと安全靴で踏みしめる人の善意と国産うなぎ

エアコンとワットチェッカー睨みつつ温度変えたり風量変えたり

蝉の声どうにも聴いた気がしない感受性やら街のせいやら

高架下見慣れた店が閉業す足運んだは何年前だか

あのときは安全神話を反故にしてすまなかったと思うはずなし

油断して布団干したらぼつぼつばつばんぼつばんばらばらばらららん


規定
  • 投票資格不問!
  • 投票は作品の中から良かったと思うものを選歌して下さい(最大3首)。
  • 参加者は自作以外から選歌して下さい。
  • 票の入った作品に限り作者名をひらきます。
  • バトル開始後の訂正・修正は掲載時に起きた問題を除いては受け付けません。ご了承下さい。
感想票フォーム

投票〆切り:令和4年 9月30日

●投票内容

●お名前(ハンドルネーム)

●E-mail

●推薦作品と感想(最大3首まで)

●登録作者または純粋読者?