平成の短歌バトル

第193回 平成の短歌バトル

隙間からごろりと現るホッケの身ならば徳利一本追加で

秋の田の稲穂のこうべの垂るるさえ憎しと思うこころの風おと

半分にそれから各々三つに切り二食で食べる柿の適量

夕空に溜息つけば眠り猫寝言でこたえまた眠り込む

間に合わせステーキナイフでバター塗るなんだかこれで足りてきている

苛立ちと倦怠にただ閉ざされてウイスキー処せば首軽くなる


規定
  • 投票資格不問!
  • 投票は作品の中から良かったと思うものを選歌して下さい(最大3首)。
  • 参加者は自作以外から選歌して下さい。
  • 票の入った作品に限り作者名をひらきます。
  • バトル開始後の訂正・修正は掲載時に起きた問題を除いては受け付けません。ご了承下さい。
感想票フォーム

投票〆切り:令和3年 10月31日

●投票内容

●お名前(ハンドルネーム)

●E-mail

●推薦作品と感想(最大3首まで)

●登録作者または純粋読者?