第130回平成の俳句バトル結果

作品 作者 得票
脳やられ神田へ行った事は無し 石川順一
1
降る音はせぬのに除く音は大 ごんぱち
1
大寒や戸が五月蠅くて門鳴れり 石川順一
1
列車過ぎ追いて舞い立つ雪煙 ごんぱち
1
鰊見て買おうか今年も迷うフリ ごんぱち
1


最多得票数が最多得票作品数以下であった為、当バトルを無効試合と致します


掲載ミス等ございましたらご連絡下さい。

 推薦作品と感想
推薦作品:脳やられ神田へ行った事は無し
推薦理由:神田に行ったか行かないか。
脳補ってみたけれど。
なんだかんだで行ってない。
登録:このバトルの参加作者

推薦作品:大寒や戸が五月蠅くて門鳴れり
推薦理由:寒風に門戸がガタガタガタガタ。
たき火だたき火だ、半焼だ半鐘だ、じゃんじゃらじゃかじゃん。
登録:このバトルの参加作者

推薦作品:鰊見て買おうか今年も迷うフリ
推薦理由:ニシンを見て買おうかどうか、葛藤がありますね。高過ぎるのかそれとも・・条件が合わなかっただけなのかもしれません。
登録:このバトルの参加作者

推薦作品:列車過ぎ追いて舞い立つ雪煙
推薦理由:列車が過ぎれば、雪煙り。相当な雪国ですね。北陸東北北海道など、いろいろと想像して見ました。
登録:このバトルの参加作者

推薦作品:降る音はせぬのに除く音は大
推薦理由:降る音に除く音、意味を取ろうとして、しばし沈思黙考して見ました。
登録:このバトルの参加作者


QBOOKS俳句・短歌トップ俳句トップ
◆掲載の記事・作品・画像等の無断転載複写及び掲載を禁止します。
◆作品の著作権は各作者に帰属します。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合があります。